古民家がオシャレな住宅に?リフォーム済み住宅の魅力

歴史と文化を守る古民家

おすすめリンク

リフォームとリノベーション

古民家は日本の古くからの歴史・習慣・技・伝統・知恵を継承していく一つの方法でもあります。最近は若者に古い所がいいとSNSで拡散もされます。
古民家ブーム前は瓦が割れ雨漏り、土壁はボロボロ、梁・柱はシロアリにやられ腐ってしまったと朽ちていくのを見ていくしかありませんでした。しかし、古民家だけでなく限りある物を大事にする考えが浸透してくると、大きくずっしりとした日本家屋も何とか残していきたい・活用できないかと動きが盛んになってきました。物が豊富になってきて不自由ない暮らしが当たり前の世の中です。電気・ガス・水道があまり発達してなかった人々は時代をどう乗り越えていったのでしょうか。古民家によって考えさせられます。
古民家の中にこれからの生活に役立つ歴史・習慣・技・伝統・知恵があります。一人一人が古い物を継承していく考えを意識すると、物の再生・環境問題意識にもなります。茅葺屋根の茅は肥しとして再利用できます。これだけでも昔から無駄をなくして全て利用する考えと分かります。
古民家のリフォームで残せる所は利用して、ライフスタイルに合うように変更したい所は補修などをして住み続ける事ができるのが古民家です。
古民家リフォームでお洒落なカフェ経営をすれば人が集い地域活性に役立てます。別荘などで日頃と違う空間を週末過ごせば心身の癒し・ストレスから解放となります。
古民家は目的・用途次第で役割を果たしてくれます。最大限に役割を果たせるように私達は考えていきたいですね。